クレジットカード現金化をするためのクレジットカードとは

まず、日本人にとって、最も利用しやすいカードは間違いなく、三井住友銀行が親元の「VISA」カードです。利点を並べるならば、「加盟店舗が多い」「対応している銀行が多い」「海外でも使える」などの点ですね。

JCB、MASTERなども国外で使えない訳ではありませんが、JCBはヨーロッパ圏に特に弱く、ほとんど海外では使える場所がないという意見もあります。

実際、ヨーロッパのお店でJCBカードを出しても、「このカードは何のカードですか?」と言われてしまうような認知度です。逆にMASTERのほうは、ヨーロッパ圏で威力を発揮してくれる傾向があるようです。

なので、国内でも海外でも、ワールドワイドに使いまわしたいなら、バランス的にもやはり「VISA」がいい筈です。JCBは、どちらかというと国内で威力を発揮するカードかと思われます。

それぞれのカードに得意分野があるので一概に「あなたには絶対にコレがいい」とは言えないのですが、最終的には自分の行動する範囲で使いやすいものが一番であると思われます。

とりあえず、日本で生活している人にとって、お財布の中に一枚しかクレジットカードを差し込めないと言われたら、個人的には迷わずVISAを選びます。

また、VISA、MASTER、JCB、ダイナース、アメリカンエクスプレスなど、色々なカードがありますが、どのクレジットカードでも、ショッピング枠で現金化できます。

「このカードではできないかも……」と思っているようなマイナーなカードでも、現金化に使用できるので是非、ピンチの時には役立ててくださいね。

クレジットカードの形態も多様化しており、「ゴールド」「プラチナ」「ブラック」などといったランクが存在します。
特に、限度額の無い「ブラックカード」は、幻のカードとも呼ばれており、ダイナースの出してるブラックカードは、セレブ中のセレブが、やっとのことで持てるようなカードとして知られています。

そのためブラックカードの保持者には、有名人や医師などの職柄の人が多いようです。

ブラックカードももちろんすごいカードなのですが、ダイナースカード自体が、一般ではなかなか見かけることのないカードです。アメリカンエキスプレスは、何度か目にしたことがありますが、ダイナースはなかなか見たことがありません。

そのため、ダイナースはよっぽど審査を通るのが難しいのだろう、とずっと思ってました。

しかしダイナースの場合は、どうやら申し込み手続きの際の審査は、思うほど難易度の高いものではなく、ただ入ってからの手数料が高額過ぎて払うのが困難であるというのが、利用者にとっての負担であるようです。

「いつか持てたらカッコいい」と思ってしまうカードの一枚ではありますが、実際に自分が使いこなせるかと考えると、まったく自信がありません。

クレジットカードは「利便性」がなければ意味が無いので、「自分が日常の中で使っていくにあたって本当に利用価値があるのか」という点を考えたときに、首をひねってしまうようなカードでは、持つ意味もないのかもしれません。

しかし、どんなクレジットカードでも、持っていれば現金化をすることは可能なので、無理に限度額の大きいクレジットカードを発行する必要もありませんし、現金化が必要な時は、自分の持っている、手持ちのクレジットカードで現金化してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です