青汁 便秘

効果は1つだけじゃない!老若男女問わずにオススメな青汁

便秘を何とかしたくて色々調べているとき、青汁が効果的だということを知りました。そこで青汁について更に詳しく調べてみると、他にもたくさんの効果があることがわかりました。

青汁には、ケールや大麦若葉などの栄養満点な野菜が使用されていて、これを独自の製法で栄養素を失うこと無く飲みやすい粉末状に加工しています。

青汁に含まれている成分は、具体的にはビタミン類やミネラル、カロチンに食物繊維など、現代人が不足しやすい野菜の栄養素はほとんどが含まれています。

これだけの栄養素が含まれている青汁ですから、飲むと健康にいいということも納得できます。そしてその効果の程も便秘だけでなく、むくみや冷え性、お肌にハリや潤いに効果があり、女性にとって、とても嬉しい効果ばかりです。

そしてそれだけではなく、豊富な栄養素で血液がサラサラになるので糖尿病予防や動脈硬化予防にも大きな効果があり、男女を問わずオススメできます。

健康を気遣いたい方や便秘やむくみなどの悩みを解決したい方など、飲む人を選ぶことがないので、ご家族で飲むこともできます。もちろん、味も飲みやすくて大人から子供まで問題なく始められるので、これを機会に青汁を始めてみてはいかがでしょうか。

飲み方もとっても簡単で、粉末を水に溶かすだけです。お好みでお湯で割ったり、はちみつを入れたりしてもとってもおいしいと思います。多くの青汁の中でもよりオススメな青汁を厳選してサイト内で紹介しているので、そちらを参考に健康的な青汁を飲んでみてください!

野菜ジュースでアレルギーが「治った」「悪化した」…噂の真相とは

野菜は1日350g食べるのが理想とされています。しかし毎日これだけの量を食べるのは非常に困難なので、食事にプラスして野菜ジュースで栄養を補うという人も多いです。最近では野菜ジュースも多種多様になってきました。メーカーによって主力にしている栄養素も異なり、緑黄色野菜メインであったり、紫の野菜や赤の野菜など、色でわかりやすく分類された商品もあります。

野菜ジュースは健康を目的に飲むものですが、薬剤ではないので副作用の心配もなく、誰でも安心して飲むことができます。野菜が持つ豊富な栄養素は、健康・美容・老化防止・ストレス解消・不眠改善など、いろいろなメリットをもたらしてくれます。

その効果の一つに、アレルギー軽減の働きがあると言われています。もちろん医薬品のような根本治療ではなく、効果にも個人差がありますが、花粉症やアレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などの症状が改善されたという報告があります。野菜の持つ殺菌作用や免疫機能向上、新陳代謝の促進などの働きが、これらの症状を抑制する作用につながっていることが考えられます。

しかし一部の商品では、特定の疾患や病気治療中の人を対象に、飲むのを控えた方がいい場合もあります。とくに青汁など野菜の栄養素をより多く含んだものでは、その高い栄養が、身体に負担を与えてしまう場合があるからです。腎臓機能が低下している人や甲状腺異常を抱えている人はとくに飲むのを控えましょう。また血液サラサラの効果があるので、血流を良くする薬を飲んでいる人は効果が過剰になってしまうので注意が必要です。それでも飲みたい場合は担当医師に相談してみて下さい。

また稀に、使っている野菜や製造方法によっては、逆にアレルギーを引き起こしたり悪化させる場合もあります。野菜ジュースや青汁に使われる野菜は、無農薬や有機栽培のものが理想ですが、商品に明記されていない場合は農薬使用のものが含まれている可能性もあります。また重度の食物アレルギーを持つ人の中には、同じ製造工場で作っている別の商品にアレルギー物質が使われている場合に、微量のアレルゲン物質が飛沫混入するなどした結果、敏感に反応してしまう人もいます。

もし野菜ジュースを飲んで湿疹や肌荒れの症状が出た場合、一旦飲むのをやめてみて下さい。肌が元通りになってからもう一度ジュースを飲んで、また同じ症状が出たなら食物アレルギーの原因ということになります。気になる人は病院でアレルギー検査を受けても良いでしょう。

このように、野菜ジュースや青汁を選ぶ際には、原料の安全性を充分確かめた上で、自分の体調や目的にあった商品を飲むことをおすすめします。また健康のためには食事にも野菜を取り入れ、適度な運動と規則正しい生活も心がけましょう。無理なく継続することが大事です。

寝る前・食べる前は効果アップ?目的別、青汁を飲むタイミング

青汁は緑黄色野菜由来の豊富な栄養を含み、健康や老化防止のためにとても効果のあるドリンクです。テレビCMなどで話題になってから数十年、現在も人気が衰えることはなく、長期に渡って愛飲している方がとても多いです。

しかし青汁が体に良いということは知られていても、どうすればより効果的に身体に栄養を取り入れることができるか、そこまで考えている人は意外と少ないようです。せっかくの栄養ですから、ただなんとなく飲むよりも、自分の目的にあわせて飲むことでより多くの効果が得られるはずです。

例えば不眠の悩みを抱えている人なら、寝る前にコップ1杯(商品による)の青汁を飲むことで不眠改善が期待できます。これはメラトニンという物質によるもので、睡眠ホルモンとも呼ばれるほど、精神安定の効果があるとされています。

また食前に飲むと、血糖値の急上昇をコントロールできると言われています。炭水化物や肉などのたんぱく質を摂ると、血糖値が急上昇し、それを抑えるためにインスリンが過剰分泌されます。これが習慣になってくると、いずれ糖尿病を発症する原因にもなり兼ねません。食事の際は、まず野菜や汁物から胃に入れて、血糖値の急上昇を抑えましょう。そのためにも、食事の最初に青汁を飲んでおくのは手軽な方法と言えます。

青汁に含まれた栄養素は他にも、食物繊維・カルシウム・ナトリウム・ビタミン・ミネラルなど豊富です。この栄養素の全体を、無駄なく取り入れるなら、食後20分ごろに飲むもの良いでしょう。ちょうど胃腸が、食べた物を消化している時間帯ですので、吸収率が高く、より多くの栄養分を身体に取り込むことができます。

同じように、栄養をくまなく吸収したいなら、朝起きたあとに飲むのも効果的です。睡眠によって失われた水分補給と空腹により、身体が食べ物を欲しているため吸収率もアップしているというわけです。

とはいえ、青汁は栄養価が高いかわりに、過剰摂取をするとかえって下痢や便秘を招いたり、思わぬトラブルの元になります。飲用前には商品ごとの注意書きや摂取量の目安をよく読み、適切な量とタイミングで飲んでいただくことをおススメします。

「ニキビも治る?」健康食品・青汁の意外な美肌効果

健康食品として名高い青汁ですが、意外にも美容に効果があると近年話題になってきました。実際、肌荒れやニキビに悩んでいた人が、青汁を飲み続けているうちに症状が改善したという話をよく聞きます。青汁には、どのような美肌効果があるのでしょうか。その根拠について考えてみました。

肌荒れやニキビは、毛穴の中にたまった汚れや皮脂が、細菌の影響で炎症を起こすために起こります。生活環境の悪化やホルモンバランスの乱れ、ストレスや飲酒・喫煙などさまざまな要因が考えられることから、体調が崩れているサインとも言えます。とくに女性の場合は、生理や閉経などで女性ホルモンが変化するため、肌荒れが起きやすいと言えます。

皮膚科などでは、塗り薬や殺菌による治療のほか、食事などの生活改善の指導も行われます。明確な根拠は示されていない部分もありますが、肌荒れ改善にはビタミンと食物繊維が効果的と言われています。ビタミンB2は新陳代謝を促し、ビタミンCは色素沈着を防ぎます。また細菌への抵抗力を高めたり、コラーゲンの生成を促す作用など、ビタミンは健康と美容につながる重要な働きを持っています。食物繊維は便秘解消に代表されるように、体内の老廃物を排出する働きがあります。

このような栄養素は野菜から摂取することができます。緑黄色野菜にはビタミンと食物繊維だけでなく、ミネラルやカルシウムなど身体にうれしい栄養がたくさん含まれています。健康と美容は密接な関係にあり、新陳代謝が活発で血液サラサラであれば、ニキビの原因となる毛穴の汚れや皮脂がたまるのも予防できます。野菜中心の食生活は、体内環境を改善し、肌荒れの原因となる物質を取り除く効果が期待できます。

そこで毎日の食生活にプラスして、より多くの栄養素を取り入れるために青汁が役立ちます。老若男女誰でも飲めるので、思春期ニキビも女性の肌トラブルも、加齢による色素沈着も、もちろん健康な身体づくりにも効果ありです。化粧水や美溶液など、外からのスキンケアだけでは効果がなかったという人が、青汁を飲み始めて数ヶ月で肌荒れが治ったという報告もあります。

青汁といえば苦くてまずい、というイメージがつきものですが、独特の苦みは緑黄色野菜ケールの味によるもので、味が我慢できないという人には明日葉を多く含むものがおすすめです。青汁は継続して飲むことが大事なので、苦いものを我慢して飲むよりも、後味のすっきりした飲みやすいものを選んだほうが良いでしょう。購入の際は、原材料となる野菜が無農薬や有機栽培による安全なものであることと、上記のような栄養素を多く含むものを選ぶようにして下さい。